ややっとたどり着いた最強シミ消し化粧品 POLA WHITE SHOTの口コミ体験談

肝斑(かんぱん)とは

 

ほほ骨や目尻、額などにほぼ左右対称に現れるシミの一種。

 

輪郭がはっきりせず、薄く広範囲に広がっているのが特徴で、30〜40歳代の女性に多くみられます。

 

妊娠や経口避妊薬(ピル)が発症を促したり、症状を悪化させたりすることから、
女性ホルモンが影響していると考えられています。

 

またストレスや紫外線、肌への過度の刺激も発症の要因であると言われています。

 

肝斑はレーザーでの治療でさえ普通のシミよりも消しにくく、時間がかかるやっかいなシミです。

 

皮膚科での肝斑の治療

 

皮膚科での肝斑の治療は

 

●トラネキサム酸・ビタミンCなどの内服薬の処方
●レーザー治療(YAGレーザー)
●ビタミンC誘導体イオン導入
●ケミカルピーリング
●ハイドロキノン・トレチノイン・ルシノールなどの外用薬の処方

 

などが行われています。

 

 

外用薬のハイドロキノンやトレチノインは刺激が強いため、
お肌の弱い方にはルシノール(4-n-ブチルレゾルシン・4-ブチルレゾルシノール)や
ルミキシルなどが使用されます。

ホワイトショットが肝斑にも効果があった理由

皮膚科でも肝斑の治療に処方されるルシノール

 

ホワイトショット CXホワイトショット SX
主要美白成分として配合されています。

 

 

また、病院で取り扱っている医療機関専売コスメにもルシノールが配合されているものがあります。

 

 

 

  ルシノールについてもっと詳しく
   ⇒ ホワイトショットがシミに効くメカニズム

 

 

>>ポーラ ホワイトショットの最安値の購入はコチラ