やっとたどり着いた最強シミ消し化粧品 POLA WHITE SHOTの口コミ体験談

カネボウの白斑問題

 

2013年7月にカネボウの美白化粧品の使用で、肌がまだらに白くなる白斑の被害が広がっているという
ニュースが報じられました。

 

その後、メーカーは製品の自主回収を発表し、厚生労働省も研究班を設置し、
原因究明と再発防止策の検討に乗り出しました。

 

同じく、美白を目的とした化粧品であるホワイトショットにはこのような副作用はあるのでしょうか?

ホワイトショットの副作用

ホワイトショットには問題になった成分「ロドデノール」は配合されていません。

 

ホワイトショットの美白成分であるルシノールは、POLAが開発したオリジナル成分です。

 

皮膚科での肝斑の治療においてもお肌の弱い方には、ハイドロキノンやトレチノインではなく、
ルシノール(4-n-ブチルレゾルシン・4-ブチルレゾルシノール)が使用されることもあり、
安全性も高いと言われています。

 

しかし、カネボウ以外の美白化粧品についても、白斑の症状に関する相談が寄せられているというニュースを観たので念のため、
POLAにお問い合わせをしたところ、以下の回答をいただきました。

 

 

 

カネボウさまの美白化粧品に含まれるロドデノールで白斑、

の報道でご心配とのことでございますね。
ポーラが提供している製品には、ロドデノールは配合されておりません。

 

ご使用のホワイトショットに使用している美白有効成分は、
ルシノール(全成分名称は、4−n-ブチルレゾルシン)でございますが、
1998年よりポーラブランドの主力ホワイトニングスキンケア商品に配合されている成分です。

 

現在まで15年間、今回のような肌がまだらに白くなる、

という肌トラブルは報告されておりません。

 

次に、ルシノールの安全性の根拠についてご説明申し上げます。
ルシノールは、国で指定された安全性、有効性、安定性など全項目を確認して
厚生労働省に申請いたしました。
さらに、実使用の有効性評価では、日本の権威ある皮膚科医先生方にご協力をいただきました。

 

以上、ご心配をおかけいたしましたが、弊社が提供している美白有効成分を含む製品は、
今後も安心してご使用いただけます。